Dreamer Japan株式会社ってなんの会社?

スポーツとビジネスの融合を行い、スポーツ先進国日本を目指して活動するブランディングコンサルタント会社です。

Dreamer Japan株式会社を代理店としてご活用頂く事で、日本のビジネスの原点とも言える近江商人が大切にしていた、「売り手よし・買い手よし・世間よし」という「三方よし」の仕組みを活かし、商材の社会貢献性を高めさせて頂きます。

Dreamer Japan株式会社は、関わる全ての商材に、「社会貢献」と「スポーツ支援」を組み込み、「社会」と「企業」と「スポーツ」の持続的な発展を戦略的に行ってまいります。

会社方針

スポーツは社会の為に、

社会はスポーツの為に。

  • スポーツを活用して、社会を照らす仕組みを構築し実践します。
  • スポーツの発展が、社会の発展に繋がる販売促進を行います。

代表挨拶

私は高校を卒業した後、
ラグビー推薦で入社した実業団で毎日ラグビー漬けの日々を送っておりました。

今にして思えば僕は全く大した選手では無かったのですが、
ラグビーを通しての様々な出会いや明確な目標を持てる充実した日々をアスリートとしてすごせていました。

ラグビーのない生活は考えられないと言っても過言では無い日々でした。

しかし事故で24歳の時に頭蓋骨陥没骨折・脳挫傷という怪我をしてしまい、
気がつけばラグビーが出来ない身体になっていたという経験があります。

意識は戻ったものの、すぐに自分の状況を受入れる事は出来ませんでした。
自分の全てを無くしてしまったという失望感、これからどうやって生きて行けばいいのか判らない不安、ラグビーでやり残した事への後悔から、「引退」を認める事は自分の存在価値が無くなった事を認める事になるという怖さから逃げ出したかった当時の気持ちを覚えています。

明日の生き方が判らず途方にくれてしまいました。

しかし様々な方々から温かいサポートを頂き、手探りでしたが素晴らしい経験を積ませて頂きました。

スポーツを通しての数々の御縁に救われて「今」を受入れる事が出来ました。
今では競技者時代と変わらぬ高いモチベーションを持って充実した日々を再び手にする事が出来ました。

振り返れば「あの事故さえ無ければ。。」と現実から逃げ続けた20代でした。
しかし今では「あの事故のおかげで今がある」と感じています。
自分自身の経験から、アスリートの引退後の「不安」を「希望」に代える活動を人生のミッションであると考えています。

引退後のアスリートが社会で輝くことは、日本のSportsの価値を向上させる事はもちろん、日本を明るく照らす原動力に必ずなると信じています。

Sports競技で磨かれた人間力の活かせ方を社会で考える事は、個性を活かせる事の素晴らしさを社会に発信する事に繋がります。

Dreamer Japan株式会社は、企業がスポーツの発信力を気軽に、経済の推進力として活用できる仕組みを構築し、スポーツが社会に浸透したスポーツ先進国を目指し続けます。

スポーツを愛する全ての方々と、「スポーツ先進国日本」を目指して活動できれば幸いです。

 

Dreamer Japan株式会社
代表取締役  本田 康弘

__________________________________

What is Dreamer Japan?

We are a Branding Consultant Company that fuses sports and business, with the goal of turning Japan into an advanced sports country.

By utilizing Dreamer Japan as an agency for sports, a product’s social contribution is increased through the philosophy of “Sampo-Yoshi” used by the Omi Merchants of Japan’s past. This motto states that a successful business must benefit the seller, the buyer, and society. We at Dreamer Japan see this classic Japanese business motto as essential to our own philosophy as we aim to improve the lives of our employees, clients, and the communities we reach.

Dreamer Japan builds in social contribution and support for sports for all involved products, and by doing so, our services strategically progress the sustainable development of society, business, and sports.

Company Policy:

“Sports are for Society,”

“Society is for Sports”

  • By utilizing sports, together we can build and practice a mechanism to illuminate society.
  • Development of sports will promote sales, and in turn, further develop society.

Message from the Representative Director

After graduating from high school,
I became immersed in rugby after joining my company’s business association team through a recommendation. Every day brought new challenges and experiences that helped me grow and feel fulfilled. Now that I think about it, I probably wasn’t strong enough as a player, but through rugby I was able to meet new people and live with a clear objective as an athlete.

It’s not an exaggeration to say life for me without rugby was unimaginable.

However, when I was 24 I suffered head injuries including a skull fracture and cerebral contusion. It was clear that my body was no longer able play rugby.

I couldn’t immediately accept the situation in front of me.
I was overcome with grief from losing my ability to play rugby, anxiety from not knowing how to live my life from now on, and regret over failing to reach my goals. I felt like I lost my worth as an individual and wanted to escape from the reality that I was now “retired” from the sport that defined my life.

I was at a complete loss as to how to live for the future.

However, thanks to the support from many different people, although it was rough at first, I was able to have a wonderful experience.

Sports saved me in many ways and had become integral to helping me grow into who I was as a person. With this perspective I was finally able to accept the “now.” With the same spirit I gained through playing sports, I was once again highly motivated and living a life that brought me fulfillment just as I did during my competitive sports days.

In retrospect, the younger me who dwelled on thoughts like, “If only I hadn’t gotten injured…” was just running from reality.
I now believe, “Thanks to that accident, I am here now.”

Thanks to my experience, my life’s mission is to replace the anxiety athletes experience from retirement with hope.

I believe that retired athletes can shine in society, and not only improve the value of Japanese sports, but also be the driving force to brighten Japan.

Thinking of how to utilize the power of humans is something polished through competitive sports teaching us a beautiful lesson of of how to express individuality and share it with society.

Dreamer Japan will continue to aim to make Japan an advanced sports country where sports have penetrated society through constructing a method where companies can use the expressiveness of sports as a driving force in the economy.

I look forward to working with all people who love sports and wish to make Japan an advanced sports country.

Dreamer Japan Ltd.
Representative Director     Yasuhiro Honda

 

translator :  Jeff Reardon

 

会社概要

社名 Dreamer Japan 株式会社
代表者 代表取締役社長 本田 康弘
本社所在地 〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
Mobile:080-3939-1315
設立 2018年10月
会員
sport for tomorrow

Sports for Tomorrowは、2014年から東京オリンピック ・パラリンピックを開催する 2020年までの7年間で開催発展途上国をはじめとする100カ国以上・1000万人以上を対象に、日本国政府が推進するスポーツを通じた国際貢献事業。
世界のよりよい未来を目指し、スポーツ価値を伝え、オリンピック・パラリンピック・ムーブメントをあらゆる世代の人々に広げていく取組です。

協力企業・団体

お気軽にお問い合わせください。【メールアドレス】info@dreamer-japan.co.jp